歯並び別の問題点

1歯だけでもクロスバイトを改善すべき理由

  • 自然に改善することはない
  • 犬歯が萌出してくるとさらに奥に押される
  • 審美的でない
  • 正中が変位する
  • 舌側転位した歯は虫歯になりやすい
  • 舌側転位した歯は長くはもたない
  • 下顎の自由な運動が妨げられる
  • 早期接触で下顎が正しい位置にないため、顎関節を痛めやすい

上顎前突を改善すべき理由

上顎前突
  • 審美的ではない
  • 口唇閉鎖不全になりやすい
  • 歯肉に炎症が起きやすい
  • 上顎中切歯の外傷を起こしやすい

八重歯を改善すべき理由

上顎の八重歯
  • 審美的ではない(欧米ではドラキュラ)
  • 犬歯が機能に参加していない
  • 小臼歯が犬歯の役割を果たすには荷が重い
  • 笑うと唇に引っかかる。粘膜に傷が付きやすい

開咬を改善すべき理由

前歯開咬
  • 前歯で咬み切れない
  • 舌突出癖が起きる
  • 開咬はますます悪化する
  • 「さ」が舌足らずの発音になる
  • 顎関節を痛めやすい

過蓋咬合を改善すべき理由

前歯の咬み合わせが深い
  • 下顎の自然な運動が阻害される
  • 顎関節を痛めやすい
  • 成長に伴って下顎前歯の叢生が悪化する

正中離開を改善すべき理由

  • 原因が特定され、自然には改善しない
  • 上唇付着異常が原因となる場合がある
  • 審美的ではない
  • 側切歯が舌側から萌出してしまう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする