鼻閉による口呼吸

鼻閉やアデノイドで、鼻から呼吸ができずに口呼吸を続けるとどうなるでしょうか?

口唇の周りの筋肉が緩み、口をポカンと開くようになり、下顎骨は強制的に下に押し下げられます。

頬の筋肉はピンと伸び、舌の先は前に飛び出し、舌の根もとは低く潜ります。

これらの変化により、歯に正常な圧力が加わらなくなり、奥歯は浮き上がり、上顎骨は狭窄し、前歯がうまくかみ合わなくなります。

口呼吸が恒常化すると、顔面の筋肉や骨格の発育にも悪影響がおよび、″アデノイド顔貌〟とよばれる独特なお顔つきやかみ合わせを呈するようになります。

アデノイド顔貌

1.              面長(おもなが)なお顔

2.              上あご、下あごの横幅が狭い。V字型をしている

3.              上あごの前歯が前突している

4.              上下の前歯のかみ合わせが浅い

5.              前歯の歯並びがでこぼこ

6.              唇がめくれて厚く、乾燥して荒れている

7.              鼻が小さく狭く、鼻翼が平坦で鼻孔が小さい

8.              上あごに対し下あごが後方位にある

診療時間・情報
042-654-5014
月曜 AM 900-1200 PM 1400-1930
火曜 AM 900-1200 PM 1400-2100
水曜 AM 900-1200 PM 1400-1830
木曜 AM 900-1200
金曜 AM 900-1200 PM 1400-1930
土曜 AM 900-1400
日曜、祝日休み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする