アライナー矯正による回転した歯の制御法

The effect of attachment placement and location on rotational control of conical teeth using clear aligner therapy

Journal of Aligner Orthodontics  2017 volume 1

クリアアライナーによる主要な弱点の1つに、回転した円錐状の歯牙の整列がある。なかでも下顎小臼歯の回転を治す予知性は最も低い。

結論

下顎5番のローテーションを治療するのに頬側に長方形のアタッチメントを単独で用いる方法が一番成績が良かった。

(頬舌側に付けたり、隣在歯にアタッチメントを付ける必要はない)

診療時間・情報
042-654-5014
月曜 AM 900-1200 PM 1400-1930
火曜 AM 900-1200 PM 1400-2100
水曜 AM 900-1200 PM 1400-1830
木曜 AM 900-1200
金曜 AM 900-1200 PM 1400-1930
土曜 AM 900-1400
日曜、祝日休み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする