深すぎる咬み合わせ(過蓋咬合)の問題は?

下の前歯が上の前歯に隠されている状態です。

上の歯が5mm以上かぶさっている場合を「過蓋咬合」

【過蓋咬合の問題点】

  1. 下あごが自由に動けず、あごの関節に負担がかかります。
  2. 特定の歯が強くこすられ、だんだん削れてしまいます。
  3. 前歯が上あごの歯くきに食い込み、歯くきが傷つきやすいです。
  4. 差し歯、入れ歯になった場合の治療が難しくなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする