上顎と下顎の成長

上顎の成長5歳から10歳の期間がとても重要で、10歳までに80パーセント終わります。

まだ成長の余力があるうちから矯正治療を開始することにより、抜歯をする矯正の確率が下がります。

下顎前突傾向の場合は、長期間注意が必要です。10代前半で受け口が治っていても、10代後半の下顎の骨格の成長が原因で、再び受け口になる場合があるからです。こうした事を踏まえ、受け口の治療は治療時期を2回に分けて治療を行う場合があります。

お子様の反対咬合をインビザラインで治す場合の選択

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする