症例紹介

術前(愛さん、16歳)

初診時年齢 16歳
主訴 叢生
診断 叢生を伴う骨格性I級症例、非抜歯
治療内容 顎が狭く、上顎犬歯が八重歯、下顎の歯並びもガタガタしていました。インビザラインで大臼歯を後方移動して、歯並びを整え、正中を顔貌の正中に合わせる計画を立てました。
治療期間 2年
リスク ブラックトライアングルが強くでることがあります。
治療費 60万円

インビザライン治療計画1回目

治療中

インビザライン治療計画2回目

微調整を行うために、追加アライナーを作製しました。

術後結果

審美的にも機能的にも高いレベルで改善し、ご本人も大変喜んでいただけました。

治療のまとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする